FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスルーム4

口の中にあのざらざらした感触が甦ってきた。
手の中でずきずきと脈打つように猛り狂っている彼は石鹸の泡にまみれていた。
「キスしても良い?」
そう彼に聞くと、短く「うん」と答えた。
シャワーのお湯で石鹸を流して、私はその先端に唇を付けた。
石鹸が残っていたのか苦い味が口中に広がった。
丁寧に丁寧に私はゆっくりと唇で全体を撫で回した。
舌を突き出して段差の溝をなぞるようにした。
下の袋状のものを左手で柔らかく揉みしだいた。
そうしながら左手の薬指で彼の後ろをつついて、それから痛くない様に慎重に入れてみた。
彼のものがぴくんと痙攣するのが分かった。
私の中の昂ぶりはまだ収まってなくて、唇で彼のものを愛撫してることで、さらに火が大きく燃え盛ってきた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

naomi

Author:naomi
FC2ブログへようこそ!
ええっと、なんにもわかりません
よろしくおねがいしますm(__)m
・・・写真は私ではありません
すみません

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
フォト時計
ブログパーツ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。