FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかねえ

再びシャワーを使ったとき、体は火照っているのに今日はここまでと言う気がした。
それは彼がそれで許してくれなかったらまた違う展開になるのだろうけれど、でも今日はもうそうならない気がした。
私はワンピースを着て汚れてちょっと身に着けるのに抵抗があったけれどショーツに足を通し、浴室を出た。
「今日は帰るね。」
そういうと彼は「もう帰っちゃうの?明日会える?」と聞いた。
「うん。」
そう頷くと、「何時?」とまた聞いてきた。
私はこれきりにはしたくなかった。
体の火照りは明日までには静まるのだろうけれど、逆に性に対する興味がますます強くなって行くのがわかった。
「2時。」
「どこで会う?」
「ここに来るわ。」
そう言って、私は玄関のほうに向かった。
「ほんとだよね?」
そういいながら彼は家まで送ると言い出した。
マンションの入り口までにしてもらって私は彼と別れてタクシーを拾った。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

naomi

Author:naomi
FC2ブログへようこそ!
ええっと、なんにもわかりません
よろしくおねがいしますm(__)m
・・・写真は私ではありません
すみません

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
フォト時計
ブログパーツ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。