FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀甲縛り14

二度目にも関らず量が多いのはそれだけいっぱい感じてくれたということなのだろうか。
嬉しくなった。
口の中は粘っこく嚥下するのに苦労したけれど、なんとか飲み下して舌での愛撫を続けた。
放出したあともまだ大きさを保っている彼のものを、根元を握りそのまま唇と舌で吸うようにしながら抽送した。
「あ、また逝くっ!」
え?
彼の腰に緊張が走った。
再び彼のものが逝くときの前兆で膨らんだ気がした。
今度はほとんど放出されたものはなかった。
しかし、彼の感覚は絶頂を迎えていた。
そのまま愛撫をつづけると、「あ、くっ!また、」
そういうと彼は腰をがくがくさせて明らかに達していた。
「待って、こわい!」
そう言うと彼は腰をひねって自分から中断した。
私は彼に不快な思いをさせたのではと不安になった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しました

FC2Blog Ranking

リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

naomi

Author:naomi
FC2ブログへようこそ!
ええっと、なんにもわかりません
よろしくおねがいしますm(__)m
・・・写真は私ではありません
すみません

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
フォト時計
ブログパーツ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。